なぜ効かない?育毛剤

育毛シャンプーは育毛剤じゃないぞ!

CMなどの過剰宣伝によって育毛シャンプーを育毛剤だと勘違いしている方も以外に多いですね。ハッキリ言って育毛シャンプーは育毛剤ではありません。育毛のための成分は配合されていないのでシャンプーを使い続けていても毛は生えてきません。しかし、育毛シャンプーは普通のシャンプーよりも頭皮環境を改善してくれるので、頭皮の状態が良くなることによって発毛・育毛を感じる方もいらっしゃいます。薄毛が気になりだしたら、いきなり高額な育毛剤に手を出すよりも、とりあえずは育毛シャンプーを試してみるのは良いかもしれません。頭皮状態だけが問題の場合はすぐに解決出来るかもしれませんしね。

育毛シャンプーの種類について紹介しておきましょう。育毛シャンプーは使用している界面活性剤によって3つに分類されます。

@「高級アルコールシャンプー」高級アルコールシャンプーの高級は、高級な素材という意味ではなく、「炭素数が高い」という意味です。炭素数が高いほど洗浄力が強くなります。一般的なドラッグストアに陳列されている育毛シャンプーのほとんどはこの高級アルコールシャンプーですね。洗浄力が高い分、頭皮を痛めやすいので使用には注意が必要です。

A「石けん系シャンプー」石鹸を主原料としているので、肌を痛めません。しかし、石鹸特有のゴワゴワ感が残るので少し使いにくいです。

B「アミノ酸系シャンプー」髪の構成成分であるアミノ酸が原料となっているので、肌や髪を傷めません。頭皮を守る役割もするので、育毛シャンプーの中では一番優良ですね。ただ、他の2種類のシャンプーに比べるとかなり高額になっているのでお財布的には厳しいです。