なぜ効かない?育毛剤

自分の症状と合っている?

薄毛の原因によって合う育毛剤もあれば、合わない育毛剤もあります。自分の症状に合っていない育毛剤を使っていてはいくら待っても効果は現れません。

「遺伝」が原因の場合、「男性型脱毛症(AGA)」というタイプの薄毛を発症するケースが多いですね。男性型脱毛症の見分け方としては、額の生え際や頭頂部のどちらか、または両方が薄くなってくるといった特徴から見分けることが出来るでしょう。男性型脱毛症の場合、有効的な育毛成分は「ミノキシジル」「フィナステリド」と言われています。この2つのどちらかが配合された育毛剤を使うことで男性型脱毛症は改善されます。

「男性ホルモン」が原因の場合も男性型脱毛症になりやすいです。その場合は男性ホルモン(テストステロン)の働きを抑制する効果がある「フィナステリド」系の育毛剤が有効です。

タバコやストレスによる「血行の悪さ」が原因の場合は、血行を良くする成分が配合されている育毛剤を選びましょう。ミノキシジルは血管を拡張させる働きを持っているので有効です。他には「唐辛子エキス」「ハッカエキス」「ニコチン酸アミド」が血行を良くする成分です。

「皮脂の詰まり」による薄毛は、洗浄力が高めのシャンプーによって改善されますが、それでも薄毛状態が続く場合は「ビタミンB群」が配合されている育毛剤がおススメです。ビタミンB群は食事でも摂ることが出来るので、食生活からも改善出来ます。

薄毛の症状に合わせた育毛剤選びが肝心です。