なぜ効かない?育毛剤

頭皮環境をチェック!

「生活習慣」「ストレス」が原因の場合は、原因を取り除くことで薄毛は改善できます。「遺伝」「男性ホルモン」が原因の場合はやはり育毛剤が必要となってきますね。
「だ〜か〜ら〜、育毛剤を使っても効かないんだってばっ!」という方の悩みに答えていきたいと思います。

まずは、自分の頭皮の状態を的確に知りましょう。油っぽくベトベトな髪になりやすい人は皮脂により毛穴が詰まっている可能性があります。毛穴が詰まっていては、どんなにたっぷりの育毛剤を振り掛けても毛穴の奥まで浸透せず、育毛は促されません。洗浄効果が高めのシャンプーなどを使って、毛穴をキレイすることから始めましょう。
しかし、あまり洗浄力が高すぎるのはかえって良くありません。失ったうるおいを補おうと余計に皮脂が分泌されてしまうので、刺激の弱い弱アミノ酸系シャンプーで2度洗いすることをおススメします。

反対に頭皮が乾燥しやすい人は、洗浄力が高めのシャンプーは頭皮を痛めてしまい、痛んだ箇所に細菌が入り込んだりして、発毛しにくい環境を作ってしまうことがあります。保湿効果のあるホホバオイルや天然エキスが配合されているものが良いでしょう。

育毛剤を使う前にまずは頭皮のチェックです。